バッグのハンドルを再作成させていただきました。

先日、永く愛用されているトラベルバッグをお持込み頂きました。

大きさや使い勝手がとても気に入り、常に愛用されていたようです。とても大事に

使われていたのですが、どうしてもハンドル部分がほつれてきてしまい、革の中の

芯が見えてきてしまい、今にも切れてしまいそうな状態でご相談いただきました。

 

バッグ本体は角スレなどはありましたが、パイピングの破れや本体の破れなども

みられず、これからもまだまだ活躍できる状態でしたので、ハンドルの作成・交換を

おススメし、そのままご依頼を頂きました。

 

作成前の画像がないのが残念ですが、このように仕上がりました。

あまりたくさんの費用はかけれないとの事でしたので、当所は革一枚でハンドルを作成し、

取付をご提案・お見積りさせて頂きました。

1枚革だと、どうしてもハンドルは自立できず寝てしまうのでこれまでと若干使い勝手が変わるかも

しれないこともお伝えしご納得いただきました。

 

しかし、今回は修理の際に、これまで使った期間以上に耐久性のあるハンドルにと考え、

職人と相談して、革を重ねた頑丈で作成・取付することに致しました。

2枚合わせであれば、ハンドル自体も自立するので上記のようにハンドルが自立し、

見た目も使い勝手もこれまでと変わらない仕様に仕上げる事ができました。

 

 

思い入れのあるバッグでしたので、とても喜んで頂き修理した甲斐がありました。

 

普段は染色での補修などを中心に行っていますが、このようにバッグや靴の修理も

ご相談をお受けしております。

専門の職人からしっかりと修理内容をご説明させて頂きますので安心してご利用ください。

 


思い入れがあったり大切なアイテムだけど、キズが付いたり壊れたりして使う事が

できなくなってしまった時は、お気軽に当工房までご相談ください!

 

お客様の想いをしっかり受け止め、ご予算内で最適なご提案をさせて頂きます。